中目黒の住宅 屋根・外壁工事

屋根・外壁の下地工事が進んでいます。

 

建物正面の外壁は、通気を屋根まで通し棟から抜く計画のため、屋根垂木に通気穴を設けています。

 

 

外壁の通気層では、通気を妨げるサッシの下端や給湯器などの下地胴縁にはカマボコ型に切り欠きを設け、空気の滞留を防ぎます。

 

 

隠れてしまう部分ですが、建物の健全性を左右するポイントも抜かりなく、丁寧に施工して頂いています。