コーポラティブハウス・竣工

hidamari01

2014年の春からスタートしたコーポラティブハウスが昨日ついに、竣工を迎えました。
アーキネット×アトリエ天工人によるコーポラティブハウスのインフィルを3住戸担当させて頂き、
全体で12住戸のクライアントの皆さんと、基本設計から竣工まで、建物名称や植栽・サイン・照明などの
共用部のデザインや使い方、コストについて全員でアイデアを出し合って決定していく過程を経て
竣工の日までには自然にとても良いコミュニティーが出来ている、コーポラティブならではの良さを実感しました。

お引き渡しには、アーキネットさんのご招待で敷地の元の持ち主さんが
遠方の移住先からはるばるご参加くださり、建物の完成を本当に喜んでくださいました。
単なる売買でなく、その土地の歴史や記憶を大事に引き継がれるアーキネットさんの思いを感じられて、
今回のプロジェクトが良いかたちで完成を迎えられた理由が少し分かったような気がしました。

施工のキクシマさんも、12住戸それぞれに仕様の違う複雑な工事を厳しい工期の中で完成させてくださいました。
クライアントの皆さんには、最後までご理解とご協力を頂き、慰労会まで開いて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
写真↑は、クライアントさんが夜なべをして作ってくださった建物名称のロゴ入りカップと、
日本一のピザ職人さんによる、麻布十番ファンタジスタドゥエのスペシャルフードです☆

ほっとして、日曜日の今日はこれまでの現場通いでまっくろになったスニーカーを3足、
こどもの上履きと一緒に洗って庭に干しました。

取れにくいスニーカーのゴムの部分の汚れは、激落ちくんで劇的に落ちることを発見しました・・!

IMG_0830