鎌倉古今

古都・鎌倉に残る築167年の古民家を改修した宿泊施設・レストランです。

母屋をレストラン、蔵と数奇屋造りの離れをそれぞれ独立した宿泊室としています。

断熱改修と限界耐力設計法による耐震改修を行い、現代に求められる快適性・安全性を担保することで、歴史ある建築と風景が長く未来へ引き継がれることを目指しています。

以下のサイトより、ご予約や施設の詳細がご覧いただけます。

株)松井郁夫建築設計事務所とのパートナーシップでのお仕事です。

構造設計: 悟工房 山中信悟氏